印刷
参照数: 2074

当社ホームページを訪れていただいて有難うございます。

この度会社設立に伴い、本サイトをオープンいたしました。

 


社名や業務内容からもご理解いただけますように、当社はメインテーマとして医療情報を取扱います。

筆者は社会人人生の前半は金融系会社でのエンジニア、後半は医療機器を中心としたハードウェア及びソフトウェアの発展を見て参りました。

これまでの医療・健康産業の動向を鑑みるに、様々な先進的技術を持ち、医療・健康・製薬・医療機器開発等の事業に参入しようとご尽力されている企業様は多々ございましたが、これらのチャレンジに対して医療制度そのものの制約事項とは別に、本年5月末に全面施行となった改正個人情報保護法(平成十五年五月三十日法律第五十七号)やその他の各種ガイドラインの解釈や適合状況の説明などに関して不明瞭なことが多く、利用者の不安感を払拭できないまま諦めるといった残念なケースが多く見受けられ、最終的に患者・利用者が良いサービスを受ける機会を失っていることにつながっていると考えられます。

また、政府がこれまで推進してきた医療及び関連施設間の医療情報の共有や2次利用の推進も、個人情報の保護の問題に加えて、メリットがうまく活かし切れていない故の普及限界があることも明らかではないでしょうか。筆者は医療情報システムのベンダーや医療機器メーカーでの勤務を通じて、「アプリが無いサービスは発展しない」という確信をもっています。アプリとは、法制度や財政的な裏付けが得られる範囲での、情報の集約・分析がもたらす有効や利用方法のことです。

患者・利用者及び医療・健康サービス施設の双方の立場にとってより分かりやすく、しかも大きなメリットがあるサービスとは何なのか、そしてどのように効果を訴えていくべきなのかを、皆様と一緒に考え、社会にご奉仕してまいりたいと思います。

なにぶん筆者独りでは限界はございますが、様々な団体・事業者様との連携と不断の努力により至らぬ点をカバーし、お役に立ってまいりたいと思いますので今後とも暖かく活動を見守っていただければと存じます。

平成29年 7月吉日 代表社員 伊藤春基